mikara美脚のトップ画像

美脚になるために

「綺麗に使えば、美脚になれる」

物を綺麗に使えば、綺麗で長持ちするように、

脚を綺麗に使えば、ずっと綺麗でいられます。

当たり前に使っている脚の使い方をきちんと正せば、誰だって美脚になれます。

医師監修の当サイトには、脚を正しく使うためのエッセンスを凝縮して載せています。ぜひ普段の生活に取り入れて、美脚を手に入れて下さい。

 

そもそも美脚とは?

美脚とはどんな脚なのでしょうか?みなさんは美脚と聞いてどんな脚を思い浮かべますか?

単に細いだけが美脚ではありません。例えば筋肉が出っ張っている脚や、曲がっている脚、ガニ股で歩いている脚は美脚ではないですよね。

  1. 綺麗な形(シェイプ)
  2. まっすぐ(アライメント)
  3. 綺麗な歩き方(ウォーキング)

医師監修の当サイトでは、この3要素を満たしていることが美脚だと定義しています。

綺麗な形の脚とは、筋肉バランスがよく、ほどよく脂肪がついており、むくみがない脚のことです。

まっすぐな脚とは、「骨の並び」であるアライメントが整っている脚のことです。アライメントがよくない例としてO脚や外反母趾、偏平足などがあります。

そして綺麗に歩けているかも美脚の一要素です。歩き方自体でも印象や脚の見え方が変わる上、歩き方が汚いと脚が太くなったりします。

美脚の要素はアライメントとウォーキングとシェイプ

シェイプ・アライメント・ウォーキングは影響し合う

美脚の3要素であるシェイプ、アライメント、ウォーキングは互いに強く影響します。

例えば、

  • 内股で歩くとお尻の筋肉が使えないのでヒップダウンする
  • O脚だと外側の筋肉が張って太ももが太くなる
  • 筋肉の形が悪いと同じ筋肉ばかり使った汚い歩き方がしみつく

つまり、一つだけ改善してもよくなりません。

このように要素に分けて医学的に脚に注目してみれば、シェイプ、アライメント、ウォーキングの3つすべてを整えておかないといけないことが分かります。

しかし忙しい現代人には 「運動不足」がつきものですし、

「重力」があるので身体はゆがみやすく、

「自分の歩き方は見えない」ので綺麗に歩くのは難しいものです。

そのため相当気をつけておかないと、誰もが自然と汚い脚になってしまうのです。

美脚じゃなくなる3つの原因と解決法

足の悩みを放っておくと、健康にも悪影響

例えば綺麗に歩けていないと、膝や腰の痛みの原因になることもあります。

むくみを放っておけば、血管が浮き出てきたり、疲れやすい足を放っておくと、足の痛みを引き起こすこともあります。またO脚は、ひざの痛みにつながることも分かっています。

50歳、60歳になって痛みはじめた頃には骨が変形していることも多く、一生痛み続ける足になってしまいます。

高齢者の2人に1人はひざや腰に痛みを抱えており、他人事ではありません。

変形しないように、若いうちから足を大切にすることが大事です。

 

誰だって健康美脚になれる

足の悩みはコンプレックスになるだけでなく、将来の健康にもよくありません。

逆に言えば、足の悩みを解決し、脚を大切に使えば、ずっと綺麗で健康的でいられます。

エクササイズを行い、アライメントを整え、綺麗に歩けるようになると、誰だって美脚になれます。

毎日8000歩綺麗に歩いていいれば、8000回エクササイズするようなもので、日常生活の中で自然と綺麗な脚になっていきます。

脚が綺麗だと、それだけで魅力ですし、色んなファッションが似合うようになり、毎日を楽しむことができたり、輝いてみえて、人からの印象が変わります。

自信がついて、一歩前に踏み出せることでしょう。

さらにスポーツをするの中でも、足腰を痛めることなく、楽しく続けることができます。

そして将来の痛みを予防します。痛みなく歩くことができれば、自分の好きなことをずっと続けられますよね。

美脚になれば、あなたの人生が変わります。

医師監修の当サイトを活用して、綺麗な脚の使い方を知り、ぜひ健康美脚を手に入れて下さい。

むくみ改善!病院でも実践されているリンパマッサージテクニック
前の記事を見る
美脚3要素「シェイプ」とは?
「綺麗に使えば、美脚になれる」 物を綺麗に使えば、綺麗で長持ちするように、 脚を綺麗に使えば、ずっと綺麗でいられます。 当たり前に使っている脚の使い方をきちんと正せば、誰だって美脚になれます。 医師監修の当サイトには、脚...
次の記事を見る