美脚エクササイズと美脚ストレッチはどのくらい効果があるの!?

エクササイズで美脚になれるの?

美脚の三要素はシェイプ、アライメント、ウォーキングだとご紹介しました(美脚の3要素とは)。美脚になるためには、その三要素にアプローチする必要があり、形を綺麗にして、まっすぐにして、綺麗に歩く必要があります。

脚がまっすぐで綺麗に歩けていると、自然と脚の形も整ってきます。
そのため綺麗な姿勢や歩き方を普段からできている人はエクササイズをあまり必要としません。
普段の生活の中で、美脚を保つことができるのです!

ただし・・・それはほんの一部の人だけ。ほとんどの人は、歪みグセがあったり、歩きグセがあります。

原因は、「重力」や「自分の歩き方が見えない」せいでしたね。重力に対して楽をしようと身体を歪めるくせや、歩きグセは小さい頃にできてしまいます。
こういった癖はなかなか治らないために、きちんとできている人はとても少ないのです。

一度くせづいてしまったものを正すには、エクササイズが効果的!
本来はしっかり使うべき筋肉を一気に鍛えてあげることができます。
普段使っていない筋肉はやせてしまい、すぐ疲れて元の悪い姿勢や歩き方になってしまうのですが、エクササイズで身体を鍛えてあげると、楽に姿勢をとったり、楽に歩くことができるようになります。

正しい姿勢や歩き方なので、うまく骨で体重を支えることができて実は楽に過ごせます。
そしてこういった身体の使い方が出来るようになると、当然美脚につながっていくわけです。
(もちろんエクササイズそのもので、脚の形を変えて美脚に変える効果もあります)

 

ダイエットにもエクササイズが必要

サラダ

脂肪でたるんだ脚を変えていくためにも、エクササイズで筋肉を使いながらカロリーを消費して脂肪を落としていく必要があります。

単純なダイエットで確かに脚は細くなりますが、運動をしていないと筋肉が落ちるため代謝も一緒に落ちてしまいます。すると、基礎代謝が落ちているため油断したらすぐリバウンドしてしまうんですね。
しかもこのときは筋肉も弱くなっているので、痩せにくくなります。
せっかくダイエットしているのに、嫌な悪循環ですよね。

エクササイズをすれば、この悪循環を防ぐことができます。
やはりエクササイズしながら美脚を作っていくのが正解なのです。

 

美脚エクササイズで一番重要なのは「股関節」

美脚目的のエクササイズで一番重要なのが、実は脚の付け根の関節である「股関節」周りの筋肉です。
大殿筋などのお尻の筋肉や腸腰筋などの脚の付け根の筋肉のことです。

お尻の筋肉である大殿筋と中殿筋のイラスト

体幹に近いところの筋肉をしっかりつけていくことで、ふくらはぎや太ももの筋肉が働きやすい環境を作ることができます。
もちろんヒップアップにもつながるので一石二鳥ですね。

例えば普通に歩いているだけなのに、やたらとふくらはぎがパンパンに張っている人がいますよね?
お尻の筋肉の働きが悪いから、それをフォローしようとしてふくらはぎが頑張っていたりします。
ここで注目すべき点は、お尻の筋肉はすごく大きいのに比べて、ふくらはぎは小さい筋肉ということ。
大きい筋肉ならちょっとの力で済んでも、小さい筋肉は過剰に働く必要があるので、疲れが溜まります

つまり、運動の効率がすごく悪くなっているのです。
こんなアンバランスな使い方をしていては、美脚にも美尻にもなれません。

さらにエクササイズで正しく筋肉をつけていくと、むくみにくくなります。
脚の筋肉を動かすことで、ポンプのように血液を上半身に運ぶことができるからです。
この筋肉のポンプ機能も、見逃せない美脚づくりのポイントですね。

 

ストレッチで美脚になるの?

女性がストレッチをしている様子

結論からいくと、ストレッチも美脚になるために必要です。

エクササイズと同じように、脚がまっすぐで、綺麗に歩けている人ならあまり必要ありません。しかしだいたいの人は歪みグセや歩きグセがあるので、筋肉が固くなっている部分があります。

筋肉をほぐしたり、関節の動きをなめらかにするのがストレッチですが、筋肉が固くなっていると正しいアライメントからズレていることも多いです。
また固い部分があると、綺麗に歩くときに固い筋肉の動きがぎこちなくなってしまいます。
そのためストレッチで正しいアライメントでいやすく、滑らかに動くようにしておく必要があるのです。

また筋肉の特性とも言えるのですが、「筋肉は伸びないと縮まない」のです。

ゴムをイメージして下さい。
よく伸びるゴムは、伸びた分縮みますよね?
逆に少ししか伸びないゴムは、少ししか縮みません。

筋肉も同じように、よく伸びる筋肉はよく縮みます。
あまり伸びない筋肉は、あまり縮みません。

良い筋肉はよく縮んで伸びるというイラスト

このあまり縮まない筋肉を言い換えれば、「働きの悪い筋肉」です。

働きの悪い筋肉は、エクササイズ効果が落ちる。
働きの悪い筋肉なら、姿勢を改善しにくい。
働きの悪い筋肉なら、筋のポンプ機能も働かない。

むくみの改善には、実はストレッチも効果的です。その中でも循環改善に特に有効なのは、「股関節のストレッチ」。

股関節(=脚の付け根)には、血管やリンパがたくさん集まっています。
そのため、ここが硬くなっていると循環が滞ってしまうのです。
股関節を伸ばしてあげることは、むくみ改善にも効果があるということです。

そんなわけで、美脚を手に入れるためにぜひストレッチも取り入れていきましょう!

 

美脚エクササイズ&ストレッチのコツ

美脚エクササイズ&ストレッチのコツは、「自分が続けやすい時間に行う」ことです。

エクササイズやストレッチの効果的な時間帯は?という質問をよく受けます。
それに対して「朝に行えば代謝が良い状態で一日を過ごせるから良い」や、「夜にストレッチやマッサージを行うことで疲労回復につながる」など、いろんな意見があります。

ですが、美脚をつくるために一番大切なのは、「継続すること」

あなたにとって継続しやすい時間にやることを最優先にしましょう。
Mikaraの美脚エクササイズ&ストレッチはどれも美脚効果的なものを厳選してあります。ぜひ取り入れて継続して下さい。

また続けやすいように「ながらエクササイズ&ストレッチ」も用意してありますので、こちらもどうぞ。

 

まとめ

  • 歪みもなく、綺麗に歩けたら、日々の生活でエクササイズやストレッチしているようなもの
  • 歪みグセや歩きグセのある人はエクササイズやストレッチが重要
  • エクササイズはしっかり使うべき筋肉を一気に鍛えられて美脚に効果的
  • ストレッチで正しいアライメントや滑らかに歩きやすくなる
  • 筋肉は伸びないと縮まない
最終更新日:2018年05月05日
監修医師 岡部大地
足を専門にみる「足病医」/予防医学を普及させる「ジャパンヘルスケア」代表
X脚の改善方法とは!?
前の記事を見る
美脚になるための厳選オススメエクササイズトップ5
エクササイズで美脚になれるの? 美脚の三要素はシェイプ、アライメント、ウォーキングだとご紹介しました(美脚の3要素とは)。美脚になるためには、その三要素にアプローチする必要があり、形を綺麗にして、まっすぐにして、綺麗に歩...
次の記事を見る
記事の目次