美脚になるための歩き方

美脚のためには歩き方って大事なの?

実は美脚になるために、歩き方はとても大事なんです。
むしろ美脚になるためには必須です!ちなみに美尻になるためにも必須です!
(詳しい内容はこちら-綺麗に歩くと美脚になれる!?美脚の3要素「ウォーキング」

本来、「歩く」という動作は移動するためなので、脚を細くするために行うものではありません。ですが、きちんと筋肉を使って歩くことで、メリハリのある脚を作ることが出来るのです。

またヒールを履くと、脚を長くスマートにみせたりできますよね?
そんなヒールを履く時にも歩き方は重要なんです。

もちろん自分にフィットしたヒールを選ぶことも大事なんですが、

  • どんなにフィッティングしてもピンヒールなんて痛くて履けない
  • ヒールだと足が疲れてしょうがない
  • ヒールだとよく足をくじく
  • ヒールを履くと夕方にはむくみがひどい

という人は、歩き方が汚いことがほとんどです。
TPOに合わせてヒールを履きこなす女性になるためにも、歩き方を綺麗にしましょう!

 

美脚になれる歩き方-3つのポイント-

ポイントは大きく分けて3つです。

①美しい姿勢で歩くこと
②股関節を伸ばすこと
③軸を安定させること

美脚になれる歩き方とは、健康的な歩き方でもあります。
またこれらができるようになると早く歩けるようになったり、疲れにくい身体に変わります。ついでに走り方も綺麗になりますよ。

美脚になれる歩き方のポイント、一つずつ見ていきましょう。

 

美脚ウォーキング①美しい姿勢で歩く

姿勢はやっぱり大事です。
姿勢が悪いと明らかにかっこ悪いですね。そして肩こりや腰痛になりますし、他にもいろんなところに影響が出てきます。

この姿勢と美脚のつながりは一見関係ないように見えて、実はそうではありません。
というのも、姿勢が崩れることで脚の動きも一気に悪くなるのです。

例えば、猫背で下を向いて歩くと、

膝が曲がってしまい、腰も落ちてしまします。次はしっかり顔を上げて背筋を伸ばして歩くと、

膝も伸びやすく、お尻やもも裏が伸びてきます。

印象も全然違いますよね!?

歩幅が広くなり、脚長効果もありますよ。
またいつもカバンを同じ肩に持っている人は、肩が左右に傾きがちなので要注意!

鏡で見ると、いつもカバンを持っている肩が上がっていませんか?
ちょっとずつではあるものの反対側の脚に負担がかかってしまいます。
塵も積もれば山となりますよ。重いカバンを持つ人はより危険です!

美脚作りのためにもカバンは左右等しくかけるようにしましょう。

 

美脚ウォーキング②股関節を伸ばす

股関節とは、脚をグルグル回すときに使っている脚の付け根の関節です。
内臓を包み込んでいるのが骨盤で、その骨盤と脚の間の関節として、脚全体を動かしたり、逆に体を支えたりする大事な所です。

美脚になるためにはこの股関節をうまく使うことが重要なんです。

ありがちなよくない歩き方が膝を使って歩いてしまうことです。
膝で歩くと膝に負担がかかりますし、体重を支えるために太ももの前側が張ってしまいます。
また反対側のお尻や太ももの裏が使いにくいため、たるんで脚が太くなってしまうのです。

股関節を伸ばして歩くこと。

股関節を伸ばした歩き方

これができると、脚の形が変わって美脚に変わってきますよ!

また股関節の周りには大きな血管が集まっているので、動きが悪いと脚全体の循環が悪くなります。
特に股関節の前側には大腿動脈に大腿静脈という大きな血管があります。

骨盤のイラストで大腿動脈と大腿深動脈

歩く時にこの部分にしっかりと動きを加えてあげることで、筋肉がポンプの役割を果たし、循環もよくなります。循環がよくなれば、むくみにくい脚に変わりますよね?

イメージとしては「脚を後ろに残しながら歩く」こと。
もしくは「太ももの付け根が伸びるのを感じながら歩く」こと。

そういった意識を持ちながら、ちょこちょこ歩きをやめて一歩一歩を大きくしていくと良いですね。慣れないうちは大変かもしれませんが、少しずつこの歩き方に慣らしていければ、勝手に美脚に変わってくれます。
ぜひ試してみましょう。

 

美脚ウォーキング③軸を安定させること

綺麗なボディラインの女性

歩くときはしっかり股関節を動かしたり、腕を後ろにふりますが、動かすと同時に安定させることも大事です。身体を左右に揺らしていたり、足が左右にふらついていると、見た目にも綺麗じゃありませんよね?

左右の足の間隔が広いと安定した歩き方になりますが、ドンドンと歩いている印象になったり、ガニ股に見えてしまいます。脚を綺麗に見せるためには膝と膝の間隔を狭くする必要がありますが、そうすると少しふらつきやすくなります。

そこで大事になってくるのが「軸を安定させること」というわけです。
ふらついたりせず、一定のリズムで歩けていることも大事ですね。

また上下にポップしているのも美しくないので、上下にも安定させましょう。

そのために大事なのはインナーマッスルです。
大雑把にいって関節を動かす筋肉がアウターマッスルで、関節を安定させる筋肉がインナーマッスルです。インナーマッスルを鍛えることで、足首や膝、股関節が安定し、しっかりとした足取りで歩くことができます。

普段から歩く時には、一本線上の両サイドを歩くようにし、ふらつかないよう意識しましょう。
軸が安定していると、凛とした印象に変わりますよ!

以上が美脚になれる歩き方の3つのポイントでした。

  • 美しい姿勢で歩くこと
  • 股関節を伸ばすこと
  • 軸を安定させること

まずはこの3つを意識して歩いてみて下さい。
その他にも綺麗に歩くコツはまだまだありますが、
一つ一つ自分の歩き方に取り入れていく必要があるので、焦らず一つずつ見直して、美脚を作っていきましょう!

最終更新日:2018年10月16日
監修医師 岡部大地
足を専門にみる「足病医」/予防医学を普及させる「ジャパンヘルスケア」代表
綺麗に歩くと美脚になれる!?美脚の3要素「ウォーキング」
前の記事を見る
痛くならない!美脚になれるヒールの歩き方
美脚のためには歩き方って大事なの? 実は美脚になるために、歩き方はとても大事なんです。 むしろ美脚になるためには必須です!ちなみに美尻になるためにも必須です! (詳しい内容はこちら-綺麗に歩くと美脚になれる!?美脚の3要...
次の記事を見る
記事の目次
    キーワード