お尻が勝手に引き締まる!綺麗な歩き方

足の専門医の岡部です。

ヒップアップするにはどうすればよいでしょうか?答えは簡単です。お尻を使うことです。筋肉は裏切りません。ちゃんと使えば、ヒップアップします。

エクササイズはもちろん効果的なので、こちらもご参照ください(美脚になるための厳選オススメエクササイズトップ5)。

しかし歩き方も大事です。普段歩くときから使っていても、ヒップアップできます。エクササイズの時間を取らなくてもできるので時短にもなります。

 

お尻には大臀筋という1番大きい筋肉もあり、身体を支える重要な部分です。

お尻をしっかり使った歩き方ができている人は、エクササイズしなくてもいい形を保てますよ。

逆にお尻を使ってないヒップダウンする歩き方なんてあるの?と言われれば、たくさんあります。

最も多い原因は「内股」です。

内股はヒップダウンの原因

内股はすぐにでも改善して、つま先の向きを整えて歩きましょう。

内股だとヒップダウンすること間違いありません。可愛いげに見せようとして、あえて内股で歩いている人もいますし、気づかずに内股で歩いている人もいますが、内股はヒップを垂れ下げます。

内股で立ってみれば、簡単に分かります。お尻を触ってみると、内股だと力が全然入りませんが、つま先の向きを外にすると、お尻に力がしっかり入るのが分かります。

内股で歩き続けると、お尻を使わずに歩くので、自然と垂れ下がってしまいますよね。

 

さらに変形性ひざ関節症や、変形性股関節症のリスクだと推測されます。本来まっすぐ使うべきひざの関節が、進行方向に対して斜めになってしまうので、ひざの内側に負担をかけてしまうからです。

またつま先の向きを変えているのは、脚の付け根にある股関節です。股関節を正しく使えていないと将来痛める可能性がありますよ。

海外の人からすると、内股で歩いている日本人を見ると奇怪に感じると言います。病気なんじゃないか?と思われているそうです。

私も仕事柄人の歩き方を常日頃から見てしまいますが、なんと内股の人が多いことか。

伝えてあげたいものです。その歩き方は将来お尻が垂れますよ、と。

 

つま先を外に向けてもガニ股にならない

つま先の向きを少し外にするとガニ股になるんじゃないの?と思う人がいるかもしれません。

しかし心配はいりません。モデルさんもつま先の向きは少し外です。

つま先の向きが外でも、足と足の間が広がらなければガニ股には見えません。

また地面をしっかり蹴るとガニ股に見えず、スマートに見えます。

お尻を使うこと

内股以外にも、お尻を意識したいものです。着いた足より横にお尻を振ってしまうとダメですよ。

歩くのは前に進むためです。横への動きはだらしなく見える上に、お尻が使えず垂れてしまいます。また着地する時にお尻の筋肉を使いましょう。

かかとから着地する

そのためかかとから着地することも大事です。着地の瞬間にお尻を使って歩きましょう。

うまくお尻を使えていると、骨盤が横に揺れなくなり、安定した印象にもなりますよ。見た目が安定していると、内面も安定しているように見え、信頼感も上がります。

また着地をより綺麗にするには、かかとの真ん中で着地することも大事です。

少し外に体重をかけてしまうと横にふらついてしまうので、かかとの真ん中から着地するようにして、お尻をしっかり使っていきましょう。

これらの歩き方を身に付けば、普段のウォーキングで美尻になれてしまいます。

ぜひ毎日の一歩から、ヒップアップしていきましょう。

最終更新日:2019年01月29日
監修医師 岡部大地
足を専門にみる「足病医」/予防医学を普及させる「ジャパンヘルスケア」代表
歩き方からO脚を改善する方法
前の記事を見る
印象が変わる!モデルのように歩くコツ
足の専門医の岡部です。 ヒップアップするにはどうすればよいでしょうか?答えは簡単です。お尻を使うことです。筋肉は裏切りません。ちゃんと使えば、ヒップアップします。 エクササイズはもちろん効果的なので、こちらもご参照くださ...
次の記事を見る
記事の目次