今日からできる!太ももが痩せる歩き方

「太もも痩せ」したいですよね。

足の専門医が送る太ももを細くする方法をお伝えしたいと思います。

太ももが太いのは歩き方のせい!?

昔から脚が太い、なんて思っていませんか?脚だけがどうしても太いという人は、歩き方に問題があるかもしれません。実際に美脚ウォーキングレッスンにもそういった悩みで来られて、歩き方がよくない人を何人もみてきました。

周りの人に聞いてみて、歩き方特徴的だよねとか、あまり綺麗ではないかも、などと言われるようであれば要注意です。歩き方を見直してみましょう。

脚が太い人の歩き方にはどういった特徴があるのでしょうか?

一番多いのは、「太ももを使っていない」歩き方です。太ももを正しく使えていないから、太ももがたるんで脂肪がつきやすいわけです。とてもシンプルですね。特に裏側が使えていないことが多いです。

太ももを使っていないとは

具体的には、下のようなひざや股関節(脚の付け根の関節)を曲げた歩き方がよくありません。曲げる筋肉ばかり使って、伸ばす筋肉を使えていません。

最も重要なコツは、太ももをしっかり伸ばして歩くことです。太ももが伸びていないと、歩幅が小さくなり、とぼとぼした印象にもなってしまいますよ。

また歩く時は、太ももの前側にある大腿四頭筋よりも、太ももの裏側にある大腿三頭筋を使うことが最も大事です。

歩きながら太ももの裏側を鍛える方法

特に使えていない人が多い「太ももの裏側」を使えるようにするには、どうすればよいでしょうか?

まず太ももをしっかり伸ばして、一歩踏み出します。そして、出した足に上半身を乗せていきましょう。すばやく重心を前の足に移動させ、「足の真上に骨盤」がくるように歩きます。

こうすることで、太もものインナーマッスルを使います。キュッと中の筋肉を使うことで太ももを引き締めることができますよ。そして、足の真上に上半身が乗ってくると、次に地面を蹴る足が自然と後ろに伸びて、太ももの裏側を使って歩くようになります。

この時に膝がピンと伸びていることが大事です。膝を伸ばすと、脚全体が一本の棒のようになります。太ももの前側だけでなく、裏側も使うことができ、太ももの裏側を引き締めることができます。

もう一歩!太ももの内側も引き締める

さらに太もも同士があたる太ももの内側も引き締めましょう。そのためには、「親指の付け根」に体重を乗せることが肝心です。

太もものことなのになぜ足先のことが大事なの?と疑問に思う方がいるかもしれません。

しかし実際にやってみれば分かります。足の親指の付け根に体重を乗せてみて下さい。そうすると、足の親指から恥骨にかけて、脚全体の内側の筋肉を使っているのが分かります。

小指側ではなく、足の親指に体重を乗せるようにして歩くことで、横に身体がブレず、太ももの内側を引き締めることができます。

一日8000歩歩いていれば、8000回エクササイズしているようなもの。毎日の一歩を綺麗にして、綺麗な脚を手に入れましょう。

綺麗に歩いている人は、少し太ももが太めに感じたとても、形が綺麗なので美脚に見えますよ。

ぜひ普段歩く時に、太もも痩せになる歩き方を取り入れてみて下さい。

最終更新日:2019年01月29日
監修医師 岡部大地
足を専門にみる「足病医」/予防医学を普及させる「ジャパンヘルスケア」代表
ウォーキングレッスン4:印象が良くなるための4ポイント
前の記事を見る
若い女性のむくみの原因とは?歩き方でむくみが変わる
「太もも痩せ」したいですよね。 足の専門医が送る太ももを細くする方法をお伝えしたいと思います。 太ももが太いのは歩き方のせい!? 昔から脚が太い、なんて思っていませんか?脚だけがどうしても太いという人は、歩き方に問題があ...
次の記事を見る
記事の目次