印象が変わる!モデルのように歩くコツ

モデルさんのように綺麗に歩けるといいですよね。

モデルさんが街で歩く姿はとても綺麗です。

ただしモデルさんの歩き方も人それぞれ個性がありますし、ファッションショーなどのランウェイでの歩き方は、「服を綺麗に魅せるため」の歩き方であり、そこを真似すると少しオーバーかもしれません。モデルさんが普段街で歩く歩き方を目標にしましょう。

モデルウォーキングの一番のコツは一本線

一本線上を歩けるようになれば、それだけで十分だと言っても過言ではないほどです。しかしこれはかなり難しいです。一本線上を歩くように意識すると、重心が通る横幅が少なくなるため、綺麗に体幹を使えていないとできません。

またmikara美脚では、一本線上の両サイドを歩くことを推奨しています。高いヒールを履いてモデル感満載に足を交差して歩きたい人は歩いてもいいですが、ミス・インターナショナルの方など、トップモデルの方でも普段はそこまでしていません。

 

姿勢は印象をガラっと変える

頭の位置も意識しましょう。あごが前に出て猫背になってしまうと綺麗に見えません。イラストのようにあごが出ているモデルさんはいませんよね。

顔は正面を向けたままあごを引いて、姿勢を常に意識していきましょう。

 

腕は後ろに振る

またモデルさんは、腕を後ろに振ることを意識しています。大きく前に振ってしまうと行進しているような印象になるので、モデルウォーキングを目指すなら、前に振りすぎないくらいがちょうどよいですよ。

 

すき間に要注意

腕と身体のすき間をなくしましょう。腕と身体の間のすき間をなくすと、全身をシャープにみせることができます。逆に腕と身体の間が空いていると、横柄な印象を与えてしまいます。

後ろではお尻を少しこするくらいの気持ちで振るといいかもしれません。綺麗に腕を振って、リズムに乗って歩くと、雰囲気が出ますよ。

 

この他にもモデルウォーキングには色んな要素がもちろんありますが、一本線上の両サイドを歩き、姿勢を整え、綺麗に腕を振ると見た目の印象がモデルさんにグッと近づきます。ぜひ意識してみてください。

最終更新日:2019年01月29日
監修医師 岡部大地
足を専門にみる「足病医」/予防医学を普及させる「ジャパンヘルスケア」代表
お尻が勝手に引き締まる!綺麗な歩き方
前の記事を見る
歩きながらダイエット!消費カロリーを上げるコツ
モデルさんのように綺麗に歩けるといいですよね。 モデルさんが街で歩く姿はとても綺麗です。 ただしモデルさんの歩き方も人それぞれ個性がありますし、ファッションショーなどのランウェイでの歩き方は、「服を綺麗に魅せるため」の歩...
次の記事を見る
記事の目次
    キーワード