ウォーキングレッスン2:美尻になるための4ポイント

美尻になるための4つのポイント

今回の記事では、美尻になるための歩き方のポイントを4つに絞りました。

  • 親指の付け根
  • ヒップアップ
  • ひざピン
  • かかとの真ん中で着地すること

の4つです。

 

親指の付け根

親指の付け根に体重をのせる

ウォーキングポイントの1つ目は「親指の付け根」です。かかとを着いたあと、まっすぐ親指の付け根に体重を乗せます。

コツは、体重移動を意識することです。かかとが着地してからスムーズに親指の付け根に向かって体重を乗せて移動させて行くことです。上手くいくと、最初、踵に乗った体重が親指の付け根に乗って行き、前に進みやすくなります。自然と親指で地面を掴む感じです。

小指側に体重移動すると左右にふらつきます。よろけたら間違いだなと感じてください。上手に親指の付け根に体重を乗せると、脚の内側が引き締まります。太ももの内側に少し力が入っている感じがするといいですよ。

かかとを着いたあと、まっすぐ親指の付け根に体重を乗せましょう。地面を蹴る時に、内ももを少し引き締めるイメージで歩けると、美尻だけでなく、美脚効果やO脚改善効果に繋がりますのでとてもいいウォーキングになりますよ。

 

ヒップアップ

歩くときはお尻に力を入れる

ウォーキングポイントの2つ目は「ヒップアップ」です。まずは一度、お尻の大臀筋・中殿筋という筋肉を触りながら歩いてみましょう。お尻の少し後ろ、外側です。体重を乗せてから地面を蹴るときまで、この筋肉を使って歩きましょう。

コツは、つま先の向きを正面より少し外か、まっすぐに向けることです。お尻の筋肉が使いやすくなります。上手くいくと、体がブレにくくなります。歩幅が大きくなり、前に進みやすくなっていれば上手に出来ている証拠ですよ。お尻の筋肉が使えていると、歩くだけでヒップアップ効果抜群です。歩くだけでキュッとしたお尻を手に入れられると嬉しいですよね!

体重を乗せてから地面を蹴るときまで、お尻を使って歩きましょう。毎日8000歩歩けば、8000回のエクササイズ効果です!

 

ひざピン

歩きときは後ろの膝は伸ばす

ウォーキングポイントの3つ目は「ひざピン」です。地面を蹴る時に、蹴る方のひざはピンと伸ばしておきましょう。

コツは、足の裏に体重を乗せたらひざをピン!と伸ばしておくことです。うまくいくと背が高くなり、目線が少し高くなります。目線が上下に揺れにくくなると上手に出来ている証拠です。
体重を乗せた膝が曲がらないようにしましょう。脚が短く見えてしまいかっこ悪いです。せっかくヒールを履いても膝が曲がっていると台無しですよね。

地面を蹴る時に、蹴る方のひざをピンと伸ばしておきましょう。ヒップアップ効果があります。毎日の積み重ねですね。

 

かかとの真ん中で着地する

かかとの真ん中で着地する

ウォーキングポイントの4つ目は「かかとの真ん中で着地すること」です。足を着くときは踵の外側や内側で着地しないようにして、かかとの真ん中で着地しましょう。

かかとで思い切り地面を踏んだときに、一番安定するところが真ん中です。足を着く時はそこで着くようにしましょう。上手くいくと左右にふらつきません。まっすぐ前に進みやすくなりますよ。
かかとからつま先がなめらかに地面に着くといいでしょう。転がるような感じになります。

ヒップは男性の目にも止まりやすく、洋服をおしゃれに着こなすのにも大事な部分です。毎日の積み重ねでパンツスタイルも似合う美尻を手に入れましょう。

最終更新日:2018年08月14日
監修医師 岡部大地
足を専門にみる「足病医」/予防医学を普及させる「ジャパンヘルスケア」代表
ウォーキングレッスン1:美脚になるための4ポイント
前の記事を見る
ウォーキングレッスン3:歪みを改善するための4ポイント
美尻になるための4つのポイント 今回の記事では、美尻になるための歩き方のポイントを4つに絞りました。 親指の付け根 ヒップアップ ひざピン かかとの真ん中で着地すること の4つです。   親指の付け根 ウォーキ...
次の記事を見る
記事の目次
    キーワード